紫外線は、しみ、そばかすの原因

紫外線とは、日焼けの原因というのは皆さんご存知のことでしょう。そして、紫外線が、お肌のしみやしわ、そしてそばかすなどの原因というのも有名な話ではないでしょうか。紫外線はお肌の老化を早めるものとして、また免疫力などを低下させる原因としてもあげられます。

紫外線を急激にあびると、肌の表面が赤くはれあがり炎症をおこしてしまいます。その炎症が、お肌のしみ、しわといった原因になってしまうのです。また、紫外線は海や、山などで多く浴びることはご存知でしょうけども、普通に生活しているうえでもどうしても避ける事ができないものです。ですから、普段からのこの紫外線ケア(UVケア)にも、気を使う必要があるのです。

UV(紫外線)ケア

UVケアは日頃から行なう必要があると言いましたね。そこでUVケアを行なうために、どんなことに注意すればいいかご紹介します。まずUVカット化粧品です。UVカット化粧品では、SPF(Sun Protection Facter)といった値により紫外線の防止度数を表しています。しかし、あまりSPF値をあてにしすぎるとよくありません。SPF値が高いUVカット化粧品でも、その成分に問題がある場合があります。SPF値は10程度あれば良いと思っておいて下さい。

UVカット化粧品を使用するのも良いですが、普段の生活で気をつけておきたい紫外線対策のポイントとしましては、日傘と帽子です。これは、直射日光を避けるためにも有効な方法ですから、面倒くさがらずに、ファッションのつもりで帽子、日傘を持ち歩くようにしましょう。こういった、細かい配慮だけでも十分に紫外線カットができますから、UVケアをしなくちゃと思っているのであれば、心がけておいて下さい。

Ads by Sitemix