美白化粧品の成分

美白効果のあると謳われている化粧品は本当にたくさんありますよね。でもたくさんありすぎてどれがいいのか悩んでしまう方も多いことでしょう。

美白化粧品は、そもそも本当に効果があるのか?なんて思っている方もいるでしょうから、まず、美白化粧品の成分にはどういったものが含まれているのかをご紹介します。

美白という目的は、肌の白さといいますか肌の明るさを導くことが目的だと思います。そのためには、メラニンの排出を抑える必要があります。そのメラニン排出を抑制してくれる成分として、よく聞くものに、

  • ハイドロキノン
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
などがあります。

美白化粧品の多くに含まれているこれらの成分の多くが、メラニンの抑制に役立ってくれ、結果としてお肌が白く、明るくなるんですね。

美白化粧品はしみ、くすみに効果

美白効果と聞くと、一般的に思われるのが単純に肌が白くなるということですね。確かに、肌が白くなるということは間違いではないのですが、「美白化粧品の成分」で紹介したように、美白効果とは、メラニンの生成を抑えることであり、それはつまり、肌のしみ、くすみなどに作用することになるわけです。

ということは、「美白効果=しみ、くすみを取り除く」と考えてもいいのかもしれません。

しみ、くすみに悩まされているのであれば、美白効果のある化粧品を使っていくことが、悩みが解消されることにつながりますね。

Ads by Sitemix