美白効果とは

美白効果と言ってもなんだか良く分からないという人もいると思います。最近よく、化粧品などに美白効果と書かれていますが、その補足としてメラニン生成を抑制し、しみ、そばかすを防ぎますのようなことがかかれていたりしますね。美白効果ときくと、一般的にそのイメージとしては、お肌が白くなると思うのではないでしょうか。

美白効果とは、肌が白くなることなのか、それともしみ、そばかすを治す、もしくは防ぐといったことなのか、いったいどちらなのでしょう。

美白効果について

美白効果とは、一般的に肌が白くなると思われていることが多いですが、美白とはいえ、しみ、そばかすを医学的に治療すると言う事ではありません。その理由は、美白効果を謳っている化粧品は、医薬部外品であり医薬品ではないからです。しかし、美白効果を謳う化粧品の効果としては、しみ、そばかすの原因となるメラニンの生成を抑えることがあげれます。つまり、直接的なしみへの作用ではなく、間接的な作用と言えるでしょう。

つまり、美白効果のある化粧品に意味がないと言うわけではなく、メラニン抑制効果により、あらたなしみ、そばかすを防ぎつつ、お肌のターンオーバーにより、お肌のしみ、そばかすが排出されるのを待つ事で、だんだんと、お肌のしみ、そばかすが薄れていくということになるのです。

Ads by Sitemix